目次と今季の作品


2021年夏季号 NO.264
〈MICROSCOPIC&MACROSCOPIC〉
父語らず   元井弘幸
〈30首詠〉  堀江良子
〈15首詠〉  宮崎弘・矢島由美子・宮澤 燁
山下和夫の歌 1981年『埴』より 
〈作品Ⅰ㋑〉 小原起久子・森たま江・
       牧口靜江・ほか
〈作品Ⅰ㋺〉 元井弘幸・相良 峻・
       茂木タケ・ほか
〈作品Ⅰ㋩〉 天田勝元・伊藤由美子・
       今井五郎・ほか
山下和夫の歌67    小原起久子
歌集『耳』(1995年第5歌集)
鮎の瀬(その2)
〈まほろば集〉 小澤嘉子・茂木惠二
ONE MORE ROOM 小原起久子
追悼 関根さつきさん
一首鑑賞 藤巻みや子・相良 峻
〈作品Ⅱ〉石田春子・今井洋一・
     小曾根昌子・ほか
〈会友〉 井出尭之・川西富佐子・
     髙橋眞砂江・ほか
特集 写実・写生の歌について
  写意と写生     相良 峻
  よく見るという基本 元井弘幸
  「写生・写生の歌」について
            大場ヤス子
短歌の作り方覚書 助詞・助動詞の必要性 堀江良子
〈題詠〉夕映え 石井恵美子・板垣志津子・
        大川紀美枝・ほか
歌会点描(7) 相良 峻        
ESSAY     たんか・はいくを友として
            佐藤香林
玉葉和歌集(抄)13 時緒翔子
『炎の女たち』古代編(37) 山下和夫著
秋季号作品評
 作品Ⅰ評     森たま江
 15首詠・月集評 佐藤和子
 作品Ⅱ・題詠評  天田勝元
ばうんど
ESSAY 下宿生活 茂木惠二
編集後記
表紙絵 若山節子

会員作品(抄) 
 ふりがなは作者による。原文はルビ形式。
【30首詠】
浅川の春水にゆれる小石らの呟くさまを佇みて
視る 堀江良子
【15首詠】
わが住むは町の端っこ一丁目いちにいにいさん
自転車を漕ぐ      宮崎 弘
寒空にほほほ・ほほほと春を呼びしだれしだれて
咲く梅の花       矢島由美子
明るすぎて見えない花火の暗さなどあなたと
語る 八月六日     宮澤 燁
1981年『埴』9月号より
われをつと嗅ぎたるのみに振りむかず行きたる
若き一頭の犬      山下和夫
海恋し山恋しついに人恋し真白きノートに
向かいておれば       同
【作品Ⅰ㋑】
温む水に婚姻色のハヨの群 バカッパヨなどと
呼ばれたりして      小原起久子
隣町の学校にまで来たというコロナ包囲の巣ごもりの
日々           森 たま江
折り合いをつけたるごとく別れゆく川の流れの先は
見えざり         牧口靜江
夕映えにポインセチアが燃えている第九の合唱
響けるように       佐藤和子
侮りていし後期高齢たわいなき段差につまづく
 ぼうたん咲けり     江原幸子
早苗田の水面に映る榛名嶺の底より聴こえる
蛙の鳴き声        石川ひろ
ふきのとう刻む厨に春香るコロナ鬱など
ふきとばそうね      青木晶子
【作品Ⅰ㋺】
夏山も源流行も遠い日のこと陽の落ちかけた
裏山に登る        元井弘幸
木枯らしに紅葉剥がされゆくなかをなおも消えざり
身の蛍火は        相良 峻
台風が来るぞと小暗き霧の中コロナウィルスが
小躍りをする       茂木タケ
しなやかな肢体がクイックターンする鮎のような男(お)
 その後を追ふ      石井恵美子
青年の奏でるホルンたおたおと夕顔の開花
促すように        赤石美穂
「寒いねえ」「お正月が来るからねえ」こんな会話も
無き年の暮れ       板垣志津子
【作品Ⅰ㋩】
長屋門に飾れる松に供えへたるうどんとご飯
落ちゐる四日       天田勝元
鉱物の柿を味わう事も無くコロナと共に
季は進みぬ        伊藤由美子
思い出が剥がされぬよう夏の尾瀬の四隅にしっかり
画鋲差したり       今井五郎
夕暮れの菜の花の黄色優しくて目に美しく
心に沁みる        大場ヤス子
走り寄り過ぎ行く列車に手を振れる幼と母の
無為が輝く        菊池悦子
象亀はとがった口も裂ける程大きなあくびに
万年の気を吐く      﨑田ユミ
立冬の路地に松葉の吹き溜まり剪定されぬ
松太りゆく        佐藤香林
タンポポの絮の飛ぶ原顔欠けし道祖神と
われと白月        佐藤真理子
ワクチンの接種待つ間を向き合える草間彌生の
ピンクのかぼちゃ     反町光子
帰宅した我の匂いをかぐ猫よ外に愛猫なんて
いません         清水静子
城沼は数多(あまた)子供らでさんざめくが自死の覆って
どんよりとする      坪井 功
覚悟して十年日記買いしとう電話に姉の
声は弾みて        萩原教子
バイカル湖の夜を発ちたるか南天の星を直(ひた)めざし
尉鶲(じょうびたき)来る  藤巻みや子
【まほろば集】10首
山茶花の染みなき白のゆるゆると小さき蕾を
なでて散りゆく      小澤嘉子
月揺れて静寂湿(しめ)らす湖に泥の欠片
投げ入れてみる      茂木惠二
【追悼 関根さつきさん】
  1995年第8回 埴新人賞作品 30首掲出
見えそうでその先見えず元朝を化粧水の封
いっきに解きぬ      関根さつき
早暁の苑に崩るる霜柱孔雀の尾羽が
掃きたるならん        同
花びらの涙つけたる摩崖仏ぽっかりと黄昏
とどまりている        同

【作品Ⅱ】
令和二年書類の記入すこし慣れ昭和の吾を
少し忘れる        石田春子
赤錆をほったからしのトタン屋根切り貼りしたや
真青な空         今井洋一
会うことの久しくなかりコロナ禍のせいと言いつつ
小波のたつ        小曾根昌子
【会友】
話しかけ答える「シリ」に声変えるそれも認識
AI知能          井出尭之
霜枯れの風吹き渡る芒野(ススキノ)は一面シルバー
 ヒロイン気分      川西富佐子
最果ての宗谷岬は海青く船村徹の
歌の碑が立つ       髙橋眞砂江
炊き上げを知らせる音に目を覚まし始動の前に
手足の薬         土屋明美
住む人も無き庭に実れる柿・柚の人待つごとく
風にゆれいる       中山幸枝
広大な父の遺しし畑の空オニヤンマの群
キーンと飛び交う     牧野八重子
時雨れば時雨るるほど濡れてゆく無力なる吾を
叱りつつゆく       みたけもも

【題詠】夕映え  3首
校庭にサッカーする子供等と見上げし夕映え今なほ鮮やか
             石井恵美子
麦をまく人いくたりか夕映えに影絵となりて
せはしく動く       板垣志津子
夕映えの浅間の嶺を正面にペダルはげます
夜学への道        大川紀美枝
桑摘みの母と染まりしふるさとの夕映えの野に
帰りてゆかん       大場ヤス子
夕映えに閉じたき眼ハンドルの操作危うき
シルバーマーク       﨑田ユミ
終の日は夕映えの波眺めたい子の住む海辺の
街の窓から         萩原教子
夕映えに染まる父の背中の丸きを嘆きしわれも
いつしか老いたり      元井弘幸
責任を持たぬやさしさあふれさせ今日の夕映え
梅の香も連れ        牧口静江
いくばくの時差その先難民の頭上へ行くか
夕映えの雲         小原起久子